カテゴリー別アーカイブ: ご報告

平成22年とさあいの会 総会等のご報告

去る2月27日に開催されました総会等についてご報告致します。

総会

1.参加相談医
  高知大学医学部皮膚科学講座    佐野栄紀教授
       〃           樽谷勝仁准教授

2.参加人数 27名 うち既会員10名 新規会員4名 一般13名

3.22年度活動報告、決算報告満場一致で承認 監査報告終了

4.23年度活動計画、予算計画満場一致で承認

5.規約変更満場一致で承認
  ※会計年度の変更 23年度は23.1.1~24.3.31の15カ月間とし、以降は
   4月1日~3月31日とする

平成23年第1回とさあいの会

1.講演「乾癬について最近分かってきた事」
     高知大学医学部 附属病院 中島喜美子講師

・乾癬は病因がはっきりせず、以前は研究するのが難しい疾患と考えられていた。
・顕微鏡で見ると、乾癬の病変は表皮の肥厚と真皮にリンパ球が集まる所見が観察できるが、これが病態として重要であることがわかってきた。
・当科の佐野栄紀教授は、2005年に「Nature Medicine」という研究誌に乾癬の病態には皮膚表皮のシグナル分子であるStat3の活性化が関与していることを発表された。
・このStat3が表皮特異的に活性化しているモデルマウスは乾癬モデルマウスとして非常に有用であり、現在当教室ではこのマウスを用いて乾癬の研究を行っている。その一端として、IL-23/Th17軸が病態に関与していることを証明した実験データーを簡単に紹介した。
・また関節症性乾癬のモデルマウスは世界中に存在しなかったが、当科の山本先生が作成し、病態の解明と治療について研究している。
・乾癬の治療薬の新たな選択肢として昨年生物学的製剤が承認されたが、今春には新しい生物学的製剤が発売される。我々はそれに先がけて、このモデルマウスにおける生物学的製剤の効果について発表した。
・さらに当科では乾癬の治療薬としてスタット3の活性化を抑える「STA21軟膏」の有効性を確認した。また植物から抽出された生薬である「インディビル軟膏」は動物実験では効果があることがわかり、今後臨床治験を行う予定である。このように病気の研究には患者さんに力を貸していただきたいことが多くあるので、主旨をご理解いただき協力していただけると大変有り難い。
・当科では光線療法としてナローバンドUVB照射療法を行っている。中でも「エキシマ」は、エネルギー量が高く深部まで光線が届く。エキシマによる治療によって難治性である下腿の乾癬病変、爪乾癬は有効であった。
・当科は、佐野教授のご指導のもと、優れた乾癬モデルマウスを持ち、地方大学ではあるが日本で一番乾癬を研究している。これからも研究を続けていき、乾癬の病態を明らかにし、さらによい治療法を開発していきたい。

2.会員質問に対する回答

Q ビタミンD3軟膏の種類と効果を教えて下さい。
A この軟膏には、オキサロール、ドボネックス、ボンアルファハイ軟膏がある。オキサロールはどこにでも塗れるが、ドボネックスは刺激が強く、顔には塗らないほうが良い。ボンアルファハイ軟膏は1日1回塗る。しかしこの3つのどれも1日に塗る上限があり、沢山塗りすぎるとカルシウムが高くなり二日酔い症状のように気分が悪くなるので、たまには血液検査をしながら塗布すること。またもう一つボンアルファ軟膏があるが、こちらは使用制限もない代りに、効果が低い。

Q ビタミンD3軟膏とステロイドを2対1の割合で交互に使用しているが良いか?
A 症状がひどければステロイドを塗り続け、ある程度良くなれば、例えば朝ステロイドを塗り、夕方にD3を塗る。そして良い状態が続けばステロイドは週末だけにし、普段はD3だけにする方法もある。ステロイドからD3の割合を高める治療が一般的である。

Q 薬の副作用は?
A ネオーラルはグレープフルーツジュースと併用すると効き目が強くなりすぎ、血圧が高くなったり腎臓が悪くなったりといったゆく作用が現れやすくなる。定期的な腎機能のチェックが必要。またある種の降圧剤と併用すると歯肉肥厚が起こることがある。またネオーラルは抵抗力を弱める作用があり、風邪などで弱っているときには控えた方が良い場合もある。

Q 乾癬に良い食品、悪い食品はあるか?
A 昔は青魚が良いと言われた。また欧米型の食事(肉食、豚の脂身等)が悪いと言われた。乾癬患者のうち40%以上はメタボであり食べ物の影響は否定できない。ただ食べ物との関係性は証明されていない。

Q 睡眠中にかゆくて掻いてしまうが、手袋等はしたくない。良い方法は?
A かゆみ止めを服用するか、寝る直前に薬を塗る。

Q 尋常性乾癬から関節性乾癬に移行するか?
A 大いにある。突然関節症乾癬になる事は少ない。関節性乾癬のうち7~8割は尋常性乾癬から移行する。(ただし乾癬登録患者のうち関節症性乾癬患者は2007年度新規登録症例で4.1%と多くはない。)進行すると関節が曲がる事もある。これに対しては生物学的製剤が良く効く。

Q 乾癬は遺伝するか?
A 乾癬になり易い遺伝子があることは分かっている。しかし遺伝するとは限らず、親子・兄弟に患者がいた場合は5%位遺伝するようだ。乾癬を発症する人は20歳~40歳位が多く、遺伝なら赤ちゃんから発症している。ケガ、大病、感染等が引き金になる。

Q 夫婦で乾癬だが、同じ生活をしているとうつるのか?
A 乾癬は人にうつることはない。偶然だと考えられる。ただ子供にも発症する可能性は高い。

Q 薬代を節約するために、ステロイドをワセリンに混ぜて塗っているが?
A どういう混ぜ方かにもよるが、混ぜ方によって薬の安定性がかわり、作用がゼロになる事もある。主治医によく相談して欲しい。

Q 乾癬で社会的差別があれば、友の会へ言ってもよいか?
A 仕事を解雇されたりすれば問題だが、友の会に言ってくる事案ではない。個々の事例として考えるべきである。しかし患者会の活発な活動により10年前と比べても社会的な認知度は上がっており、皮膚病として理解され始めている。

Q 塗り薬の効き目が悪い場合、替えても良いか?
A 薬の塗り方についても医師によく相談して欲しい。医師は一日に2回塗る前提で薬を出している。夜しか塗れない、などの場合は少し強い薬にした方が良い場合もある。また塗り薬以外、飲み薬や光線療法を併用すれば治療効果が上がる場合がある。いずれにしても担当医とよく相談して欲しい。

Q 完治した人はいますか?
A 完治した人は通院しなくなるので、どのくらい良くなっているのか正確には把握できない。ただ長期間良くない症状であったのに、何年間も症状が出なくなった人がいる、という話は聞いたことがある。

Q 扁桃腺と乾癬の関係は?
A 扁桃腺か腫れた後、小さな滴状乾癬ができることがある。これは扁桃腺が、ばい菌の巣になり易く、乾癬の引き金になっているからである。全身麻酔になりある程度の覚悟は必要だが手術で扁桃腺を取れば乾癬が良くなることがあり、手術をやってみる価値はある。ただし100%治る訳ではない。

3.懇親会
  参加 佐野教授、樽谷准教授、中島講師
     会員及び家族13名

広告

とさあいの会 活動報告

去る9月25日、高知市丸ノ内の「総合あんしんセンター」で開催されました「とさあいの会」の活動内容を報告致します。

1. 会議時間 10:30~11.25

2. 参加相談医
   高知大学医学部付属病院 皮膚科学講座   佐野栄紀 教授
        同               樽谷勝仁 准教授
        同               三好 研 講師

3.会員等参加人数  17名

4.樽谷准教授のご講演…新薬 生物学的製剤「レミケード」及び「ヒュミラ」について
  ①本年1月に許認可されるまでの足取り
  ②本製剤が使用できる対象患者の症状
  ③実際の治療方法・効果
  ④費用               等々

5.乾癬学習懇談会2010 in 山口の参加報告 事務局 川添
  ①大分乾癬患者友の会による患者体験談
  ②乾癬患者組織国際連盟 世界会議・年次総会についての報告
  ③講演内容紹介 「乾癬の病態と治療~より良い治療を目指して」
           山口大学 山口道也先生

6.質疑応答 相談医の3名の先生方にお答え頂きました
  

      

  • 薬の塗布について
    軟膏等の治療薬を塗布する場合は、多量に塗布したり、強く塗り込んだりする必要はない。風呂に入った後、薄く塗る方が良い(指関節一つ分の長さの軟膏で、手のひら2枚塗布できる)。また、塗布後、20~30分で浸透するものと考えられる。二つの薬を塗布する場合は時間を置いた方が良いが、時間がない場合等、続けて塗布しても構わない。
  •   

  • 高額な治療費で、相当きつい塗り薬を短期間かつ大量に塗布し、治療効果があったと思わせる病院もあるが、実際は完治せず、再発を繰り返している患者さんも多い。また、再発時に症状がかなり重くなり、大学病院へ来る患者が散見される。乾癬の治療は劇的な改善を目指すのではなく、「標準的治療」を基本とし、医師と患者の話し合いにより患者にあった治療法を選択すべき。
  •   

  • 頭皮に症状がある場合は、頭の状態を良くしてからヘアマニュキアを使うと良い。また医師に相談し、かぶれにくい製品に替えてみることも必要。

  時間の関係で当日割愛させて頂いた質問には、後日樽谷准教授より事務局を通じてご回答頂く予定です。

7.会議終了後、市民公開講座「知って得する皮膚科の知識」
  東京逓信病院 皮膚科部長 江藤隆文先生 を拝聴。時にユーモアを交えた有意義なご講演で、全体では300人近い来場者であった。

8.患者会による昼食会
  高知大学 樽谷准教授にもご参加頂き、総勢12名で昼食を食べながら先生への質問や患者間の情報交換を行った。大変楽しく、患者同士の交流ができた。

9.今回の患者会を通じ、3名の新たな会員が仲間に加わりました。 

情報交換会のご報告

5月21日午後6時から開催されました高知乾癬患者友の会(とさあいの会)、情報交換会についてご報告いたします。

当日は高知大学医学部付属病院皮膚科より樽谷准教授、三好講師にご参加頂き、患者及びその家族8名の合計10名で開催されました。

樽谷准教授からは本年1月に認可された新薬「生物学的製剤」に関するお話しや、3年後位にはまた新しい治療薬が出る可能性があること、また患者会を通じて色々な知識を得ることにより「生活の質(QOL…クオリティオブライフ)」を向上させる必要性があることなどをお聞かせ頂きました。また、三好講師からは「生物学的製剤」を使用した具体的な治療方法や乾癬に罹患した皮膚の特徴、さらには薬の上手な使用方法等をお教え頂きました。このほか両先生とも食べたり飲んだりする暇がなかったのでは、と思えるくらい2時間余りにわたって次々に出される患者や家族の質問・疑問に丁寧かつ真剣にお答え頂きました。(乾癬が頭に発症している場合、シャンプーは持田製薬の「コラージュフルフル」が人によってはふけ・かゆみの防止に有効な場合があるそうです。値段は結構高いですが…)
また患者同士も自己紹介等を通じて自身の病歴や現在の症状、治療方法等をざっくばらんに披露しあい、終了後の会員の感想は全員が「大満足」ということで、今後も高知大学の先生方のご協力を得ながらこの会を大いに発展させて行こうという結論になりました。
お忙しい中ご参加頂きましたお二人の先生には心より感謝申し上げたいと思います。また当日は所用でご参加頂けませんでしたが、お二人の先生の参加をお許し頂いた佐野教授にも心より御礼申し上げたいと思います。

高知乾癬患者友の会は昨年11月に発足したばかりで、この情報交換会が具体的な活動の第1回目でした。先日お知らせしましたように次回は9月25日(土)に講演会と軽食の懇親会(昼間)を予定しておりますが、時期と企画が合えば情報交換の場をさらに増やしたいとも考えております。その節には沢山の会員のご参加をお願いします。